筋電センサ

Biometrics社では、EMGセンサやデータキャプチャシステムといった最新技術かつコスパのよい製品を幅広く取り揃えております。これら製品は持ち運びが容易であり、リアルタイムな表示や分析ができるようになっています。

ケーブル接続するタイプの表面EMGセンサでは、次の2タイプにてご提供しております。

  1. 表面EMGセンサ(SX230):一体型電極を含む。距離は20mmの固定。
  2. 表面EMG増幅器(SC230FW):使い捨て電極を使用。距離は自由に設定可能。

表面筋電センサ

バイオメトリクス社の表面筋電センサ(SX230)は、高品質な信号を供給し、かつ使いやすいアクティブ・プローブです。アンプの入力インピーダンスが>10,000,000 M Ohmsである事もユニークな特徴です。このため皮膚の事前準備がほとんど不要で、電極用ジェルも不要です。

表面筋電センサ(SX230)は多目的な使用が可能であり、ケーブル接続されたDataLINKやK800汎用アンプとの接続も簡単です。

DataLINKとK800汎用アンプは次のような用途に使用できます。

  • EMGデータの収集・表示
  • 他のセンサからのデータとEMGデータを融合
  • 次のような他社システムとEMGデータを同期
    • Vicon、Qualysis、Peak Performance等の動画型モーションキャプチャシステム
    • Kistler、AMTI等の3Dフォースプレートシステム
電極 完全乾燥再使用型
ゲイン 標準ユニット1000(100もご提供可能)
帯域幅 20Hz – 460Hz
ノイズ ‹ 5µV
入力インピーダンス > 10,000,000 M Ohms
供給電圧 +3.50から+5.5 Vdc
CMRR @ 60Hz (dB) > 96dB (通常110dB)
ケーブル 非常に曲げやすく、長さは1.25m(長さの特注可能)
プラグ DataLOG、DataLINKまたはK800増幅器への直接接続
質量 5g(ケーブルとプラグを除く)

EMGアンプ

電極間距離が可変的な場合、EMGアンプ (SX230FW)はEMG センサ (SX230)と同様に優れた信号受信能力を発揮します。SX230の一体型電極と違って、EMGアンプ(SX230FW)は2つに分かれたリード線が付いており、4mmスナップ付のどんな表面EMG電極(再利用可、使い捨ての両方)とも併用する事が可能です。最大電極間距離は170mm、最小距離は電極のサイズによります。

* 表面EMGセンサ(SX230)と同じ仕様
電極 100mmのワイヤにつけた4mmのスナップコネクタ2個を表面EMG電極(再利用可能なタイプまたは使い捨てタイプ)を4mmのスナップと合わせて使用します。
質量 12g(ケーブルとプラグを除く)