DataLINK (DLK900) は汎用的かつプログラム可能なオンラインデータ取得システムで、被験者に取り付けて使用します。ユーザはDataLINKを使う事で、バイオメトリクス社のゴニオメータ、捻りゴニオメータ、EMGセンサ、加速度計、ピンチメータ、ハンドダイナモメータ、コンタクトスイッチ等、様々な種類のセンサからアナログ、デジタルの両データを収集する事ができます。

他にもロードセル、ひずみゲージ、ポテンショメータ、温度プローブ、流量計などの汎用センサからの入力にも対応可能です。

仕様

DataLINKには医療用または非医療用の機器がある

DataLINKは、工業・医療・教育分野等での研究データ収集・分析用機器として研究者の幅広いニーズに合わせて開発したものです。

  • オンラインのデータ収集
  • リアルタイムなデータ表示
  • DataLINK1台ごとの40 KHzトータルサンプリング周波数
  • 8、16または24アナログチャンネル
  • 閾値を知らせるアラーム音
  • 他システムとの同期が簡単

DataLINK 被験者装着ユニット

センサは、プログラム可能な計装アンプと電源(センサへの電源供給、サンプリング、入力のデジタル出力への変換を行う)を内蔵した軽量で小さい被験者装着ユニットに接続されます。データはRS485データ送信用ケーブルにて被験者装着ユニットからベースユニットへ送信されます。このケーブル(type no. R7000)は長さ7mですが、最大20mまで特別注文する事もできます。ベースユニットはUSBポートを使ってPCに接続することで、DLL(ダイナミックリンクライブラリ)にてデータを簡単にディスク保存したり、Microsoft ExcelやMicrosoft Visual Basic等のアプリケーションへリアルタイムで送信する事ができます。オプションの出力ケーブル(R2000i) をベースユニットに接続してDataLINKをアナログデータの記録装置とインタフェースする事で、アナログ出力も可能になります。

DataLINKマネージメントソフトウェア

DataLINKマネージメントソフトウェアは、最新のDataLINKユニット(2013年9月以降の製造分)を最大3台まで同時に制御する事ができます。さらにSL200 またはSL300ケーブルを使用すると、研究者は最大24アナログ、12デジタルチャンネルを使えるようになります。

リアルタイムの時計も内蔵しており、全記録は正確な開始日程、時間、経過時間をマークする事が出来ます。

DataLINK入力

DataLINKに含まれているのは、8アナログ入力(シングルエンド電圧入力及び作動電圧入力の両方に対応)、5デジタル入力およびDataLINKマネージメントソフトウェアです。

このソフトウェアは多目的に対応可能で使いやすく、ソフトウェア内で各入力チャンネルごとに単独制御・設定が可能です。アナログ入力のオプションには、選択可能なゲイン、選択可能なサンプリング周波数、選択可能なセンサ供給電圧、選択可能なゼロまたは閾値レベル、選択可能なヒステリシスが含まれます。

SL200マルチユニットケーブル

2台のDataLINKを接続し、最大16チャンネルの同期が可能です。最新のDataLINK(2013年9月以降の製造分)のみに対応しています。

SL300マルチユニットケーブル

3台のDataLINKを接続し、最大24チャンネルの同期が可能です。最新のDataLINK(2013年9月以降の製造分)のみに対応しています。

イベントマーカ IS2

1.8mのケーブルで、一端にDataLINK被験者装着ユニット接続用のコネクタ、もう一端にハンドヘルド型スイッチがついています。この便利なケーブルを使うと記録データにタイムマークをスーパーインポーズできるため、データ収集の際にオペレータが特定のイベントをハイライトする事もできます。

Start Switch IS2-LEDを使用した光同期

上述と同じですが、こちらはハンドヘルド型スイッチにLEDランプがついたものです。カメラ型動作分析システムと正確に同期するために、このスイッチで記録開始のタイミングを正確に図ることができます。

同期ケーブルSYNC1

複数のソースから収集したデータを同期するために、他のハードウェアシステムから送信された信号でリモート開始/停止する際に使用します。SYNC1は2mのケーブルで、一端にDataLINKのデジタル入力ソケットと接続するためのコネクタ、もう一端には2つに分かれたコネクタがついています。このケーブルはどんなコネクタにも対応できますので、お見積り依頼の際に具体的なご希望をご連絡下さい。

同期ケーブルSYNC1BNC

QualisysやVicon等の他社システムとインタフェースするための同期ケーブルで、BNCコネクタがついています。コネクタのシャーシはアース対処されています。注記:当ケーブルのご使用前に、お使いの機器のメーカーまたはバイオメトリクス社より使用説明書をお取り寄せ下さい。

コンタクトスイッチユニットFS4

1.2mのケーブルに4つの感圧抵抗素子センサ(FSR)がついたユニットです。コネクタ1つで簡単にDataLINKと接続でき、踵・つま先の接地や、手のひらの接触を示すためのスイッチとして使用できます。センサは薄く丈夫で、被験者の靴や手袋の中に取り付けられるため、便利です。

BNCコネクタ付きのアナログ出力ケーブルR2000iBNC

オプション品であるR2000iBNCケーブルには8つのBNCコネクタがついており、様々な種類のA/D回路基板に接続できます。これにより、DataLINK 1台あたり最大8チャンネルでリアルタイムに他機器へアナログデータを送信し、他の入力と同期できるため、例えばDataLINKが収集した表面EMG計測値を動画型モーションキャプチャシステムと融合する、といった事も可能になります。