加速度計

高精度センサで、3軸による加速度計測用にすぐに使えるソリューションです。

このセンサは研究者のニーズに合わせ、高精度ながら使いやすいものになっています。医学、産業人間工学、スポーツ科学といった分野における研究目的のために設計され、バイオメトリクス社の万能性に優れるDataLINKデータ取得システムと併用することで理想的な研究や教育ツールになります。

仕様

加速度計には、ACL300(±10G)とS3-1000G-HA(±1000G)の2つのモデルがあります。

いずれのモデルもバイオメトリクス社のDataLINK機器に接続するだけで加速がGまたはm/s2の単位で表示され、分析することができます。

小さく軽量なアクティブヘッドは両面接着テープでどこにでも設置できます。高い場所に設置する場合はクランプで固定して下さい。

両モデルは製造工程においてキャリブレーションが済んでいるため、さらなるキャリブレーションは不要です。すぐに使うことができ、静的・動的いずれの使用でも正確な読み取りを行います。

ACL300は動的加速(例:振動)と静的加速(例:重力)の両方を計測します。ローパスフィルタの標準設定100Hz、500Hz、1000Hzから選択できるようになっているため、様々な研究分野で使えます。ご要望に応じてローパスフィルタの設定を変えた特別注文も承ります。

  • 独立した3軸‐x、y、z
  • 可変的なフルスケール計測範囲(フルスケールの100%、30%、10%にてDataLINKのマネジメントソフトウェア内で調整)
  • 3レベルの調整可能な周波数応答
  • 各チャンネルに、ユーザが選択できるコーナー周波数を含む8次アンチエイリアシングフィルタ
  • 抜群なノイズ性能のための低インピーダンス出力
  • 通常の入力電源の要求
  • 電子キャリブレーションにより、振動や経年への高い耐性
  • 独立した小さな筐体に信号調節機器を入れ、加速度計プローブの最小化を実現
  • 様々な種類のデータ取得システムとの容易なインタフェース