加速度計

加速度計

ワイヤレス加速度計(ACL500)は、動的加速度(つまり振動)と静的加速度(つまり重力)の両方を測定するための高精度の3軸センサーです。 ±16G(±156.91 m / s2)の範囲で、センサーはデータをワイヤレスでDataLITEインターフェースに送信します。

有線加速度計(ACL300)は、100Hz、500Hz、および1000Hzで標準の選択可能なローパスフィルター設定が付属しているため、複数の研究アプリケーションに最適です。 ご要望に応じて、ローパスフィルター設定のさまざまな組み合わせを備えたカスタムユニットを製造できます。


Wired Accelerometer (SG-1000G-HA)

加速度計 (±1000G)

(S3-1000G-HA)加速度計は、範囲がACL300の100倍であるため、産業用振動によく使用されます。

加速度計の特徴

  • 独立した3軸‐x、y、z
  • 可変的なフルスケール計測範囲(フルスケールの100%、30%、10%にてDataLINKのマネジメントソフトウェア内で調整)
  • 3レベルの調整可能な周波数応答
  • 各チャンネルに、ユーザが選択できるコーナー周波数を含む8次アンチエイリアシングフィルタ
  • 抜群なノイズ性能のための低インピーダンス出力
  • 通常の入力電源の要求
  • 電子キャリブレーションにより、振動や経年への高い耐性
  • 独立した小さな筐体に信号調節機器を入れ、加速度計プローブの最小化を実現
  • 様々な種類のデータ取得システムとの容易なインタフェース

帯域幅制限(カットオフ)フィルター

加速度計の両方のモデルの各チャネルには、ユーザーが選択可能なカットオフ周波数を備えた8次1.2楕円フィルターが取り付けられています。 これにより、通過帯域リップルとロールオフ急峻度の間の最適な妥協点が提供されます。 選択したコーナー周波数の1.2倍で60dBの除去が達成されます。 ACL300のフィルターには3つの値があり、S3-1000G-HAのフィルターには5つの値があります。 これらは、加速度計インターフェースユニット内に簡単なスイッチを配置することによって選択されます。

次の表は、ナイキストサンプリング定理に従ってアンチエイリアシングを回避するために、DataLINKまたはDataLOG内で設定可能なコーナー周波数と推奨されるサンプリング周波数を示しています。

  Bandwidth Minimum Sampling Frequency
per channel of DataLINK or DataLOG
ACL300 DC to 100Hz 200Hz
DC to 500Hz 1000Hz
DC to 1000Hz 2500Hz
S3-1000G-HA DC to 312Hz 1000Hz
DC to 625Hz 1250Hz
DC to 1250Hz 2500Hz
DC to 2500Hz 5000Hz
DC to 5000Hz 10000Hz

簡単な無料見積もりを入手