DataLITE無線センサ&システム

単独チャンネルに最大16個のDataLITE無線センサを接続してDataLITEインタフェースにつなげる事が可能であり、最大30mの範囲まで高品質の信号を送信する事が可能です。

DataLITEシステムは、単独のゴニオメータや筋電センサのご利用から、複数タイプのセンサを組み合わせた複合的なシステムまで、お客様のニーズに合わせて幅広くカスタマイズする事が可能です。

無線ゴニオメータ

バイオメトリクス社の新製品である無線2軸ゴニオメータは、バイオメトリクス社の世界標準の有線電子ゴニオメータ(動的関節動作計測機器)と同じ技術を用いています。無線2軸ゴニオメータは、内蔵した無線トランスミッタによりPCへリアルタイムにデータを送信し、モニター表示・分析・保存ができる他、特定アプリケーションへの転送も可能です。

無線捻りゴニオメータ

バイオメトリクス社のZシリーズは1軸の捻りゴニオメータで、前腕部の回内/回外、首の軸回転といった単一面の回旋(捻り)を計測します。捻りゴニオメータをX-XかY-Yの一方向に曲げている限り、出力は安定します。捻りゴニオメータの機能は全て同一で、違いは物理的サイズのみです。

無線表面筋電センサ

DataLITE無線EMGセンサは小さく軽量であり、周波数ホッピング、エラー検出、データ復旧アルゴリズムの技術によってスムーズかつ確実に筋肉動作を読み取ることができます。また通常の動作環境であれば、レシーバーから最大30mの範囲までデータを受信する事が可能です。

寸法 42 x 24 x 14 mm 入力インピーダンス > 10,000,000 M Ohms
質量 17 g 接点装置の数 2
接点装置の直径 10 mm CMRR @ 60Hz (dB) > 96dB (通常110dB)
接点装置の中心間距離 20 mm フルスケール +/- 6 mV Peak to Peak
ゲイン 1000倍固定 無線転送時のデータロス 100mSまで
帯域幅 10–490Hz 精度 +/- 0.5%
サンプリングレート チャネルごとに500、1000または2000 Hzでユーザが選択 電池寿命 8時間
ノイズ ‹ 5µV 電極 完全乾燥再使用型
新たな可変ゲイン及び調整可能なローパスフィルタ

今回再設計したDataLITE無線LE230型EMGセンサには、新たに次の2つの機能が加わりました。これにより研究内容に合わせて設定値をより細かく調整するが可能となりました。

  1. ユーザがセンサの帯域幅を10Hz~250Hzから10Hz~5000Hzで自由に制御できるようになりました。
  2. EMGセンサの感度設定を5つに増やし、ピークピーク値を+/- 60mV から+/- 6000mVの間で計測できるようになりました。