ハンドヘルド型トリガースイッチ

DataLITEハンドヘルド型トリガースイッチ(IS6LED)を使うとVicon、Qualisys等の他社のカメラ型動作分析システムとDataLITEを正確に同期する事が出来ます。

トリガースイッチは、いかなる状況下でもシステムの同期タイミングを合わせることができ、1時間以上撮影した場合、通常≤ 3mSで同期します。さらにトリガースイッチを使って、どんなシステム記録へもイベントをマークする事ができます。

同期のタイミング方法の例:

  • 目視 – トリガースイッチ手前についている明るい緑のLEDランプでタイミングを確認
  • 電子的 - 付属ケーブルとデジタル信号を利用する

仕様

よくある問題

2つのデジタルシステムで記録した場合、システム同士の同期は次の理由で困難な場合があります:

  • Microsoft Windows等、PCのオペレーティングプラットフォームにより特有のコミュニケーション遅延が発生
  • 2つのクオーツ時計に差がある。例えばそれぞれのクオーツ時計の精度誤差が一日1秒だとすると、ゼロ時間で同期しようとしても1時間で40ms超の誤差が生じる

バイオメトリクス社のユニークなソリューション

トリガースイッチは各機器の開始時間と内蔵時計を微調整しながらタイミングの信号を送信する事ができるため、DataLITEやその他記録システムにて記録したデータはDataLITEトリガースイッチを使う事で正確に同期できるようになります。

DataLITEトリガースイッチの構成品

緑のLEDランプを使って他社の視覚記録装置と正確に同期

上部に取り付けた大きなスイッチで記録の開始/
停止を操作。記録停止機能の代わりに記録中の
トリガースイッチとして機能するようプログラ
ムする事も可能

ユニット下部に取り付けたソケットで、他社の
システムとケーブルで接続して同期する事が
可能

同期&イベントマーカー機能

トリガースイッチと他社のシステムを併用場合、緑のLEDランプを記録開始/停止の視覚合図として使用したり、トリガースイッチをケーブルで接続してデジタル信号を発信させることでマスターコントローラとして使用し、他社システムの記録開始/停止を制御する事もできます。

他のシステムとの接続

トリガースイッチは、右に示すようにREF SYNC7ケーブルで簡単に他社システムと接続できます。ケーブルの一端をトリガースイッチ下部のソケットにつなぎ、もう一端を他社システムに接続して使います。

他社システムとの接続に使うケーブルは3芯ケーブルで、詳細は以下の通りです。

ワイヤーの色 種類
通常(+0V)
黄色 出力レベル(+3V)、レベル (+0V)へ切り替え
オレンジ 出力レベル (+0V)、レベル(+3V)へ切り替え

Hand Held Trigger Switch

記録

以下の図は記録開始/停止のタイミングコマンドの説明です。

SYNC7ケーブルを使うと、2つのプログラム可能なデジタル出力によって他社記録システムと同時に記録開始/停止ができます。片方はもう片方のインバースであり、レベルまたはパルス出力のいずれかにプログラム可能です。左の図を参照下さい。

  • グレーの背景で示している4つの同期出力波形は、レベルかパルス出力にプログラムする事で得られる出力オプションを示す
  • これらのデジタルパルスによりトリガースイッチをマスターとして使用し、他社システムの記録を開始/停止する事が可能。あるいはトリガースイッチで他社システム内にマークを付ける事も可能
  • 緑のLEDランプは記録開始/停止の視覚合図に使える